骨粗鬆症ナビ

骨粗鬆症予備軍の骨量

こんにちは、「骨粗鬆症ナビ」管理人のジュンです。

人は高齢になると、骨がもろくなり、腰が曲がったり、骨折しやすくなります。これが「骨粗鬆症」という病気です。以前は、40歳以上の中高年者、特に50歳以上の、閉経後の女性に多くみられる病気でした。
しかし近年、骨粗鬆症及び、その予備軍の若い女性が増えていることがリサーチにより明らかになっています。人間の骨量は、乳児期から成長期にかけてぐんぐんと増加し、成人期にピークを迎えます。このときの骨量を最大骨量「ポーク・ボーン・マス」と言います。その後、中高年になると骨量は次第に下降線をたどりはじめます(なかには、そのまま維持できる人もいます!)。

しかし近年、20歳前後の若い女性の5人に1人に、早々と骨量の減少がみとめられ、ゆくゆくは骨粗鬆症になるであろう「骨粗鬆症予備軍」が増えているんです。

この現象の要因は、若い女性の食生活をはじめとする生活全般の変化・・・乱れ・・・があります。
正確には、幼少期から青年期にかけての本来であれば、どんどん骨量を増やさなければならなかったはずの年代にファーストフードや加工食品を食べ、カルシウムを十二分に摂取してこなかったことが大きく影響しているといえるでしょう。そして過度なダイエットがこれに拍車をかけます。無理なダイエットで生理が止まってしまうと、本来であれば、閉経後に訪れるはずのホルモンの変化が早々と襲ってきます。そして骨量がどんどん減ってきてしまうんです。