骨粗鬆症ナビ

骨粗鬆症と豆腐のカルシウム

こんにちは、「骨粗鬆症ナビ」管理人のジュンです。

カルシウムが豊富な食品の一つとして、大豆や大豆食品があります。大豆食品のなかでも特に豆腐は、食物繊維以外の大豆の栄養価と効力をそっくり受け継いでいるだけなく、それが消化、吸収されやすい形になっていることから、よりいっそう効力アップした完璧な食品です。

豆腐の主成分は植物性タンパク質です。植物性のタンパク質は、肉や魚といった動物性タンパク質と比べて消化吸収が悪いんですが、豆腐の場合は、消化吸収がとてもよく、95パーセントという高さで無駄なく吸収されます。そして、豆腐のうれしいところは、どんな食品とも相性ばっちり!ということでしょう。豆腐に肉や卵、乳製品、魚介類・・・なんでもよく合いますし、大豆のタンパク質に不足しているアミノ酸がプラスされ、より質のよいタンパク質を摂取することができるでしょう。

大豆製品はいずれもカルシウムがたっぷりと含まれています。
豆腐には、充填豆腐、木綿豆腐、絹ごし豆腐があります。料理やそれぞれのお好みに合わせて使い分けるとよいでしょう。大豆製品はいずれもカルシウムがたっぷりと含まれています。大豆は勿論、豆腐、癌もどき、薄揚げ、高野豆腐、それに納豆・・・いろいろな形で食事に大豆や大豆製品を取り入れるようにして下さい。

たとえば、お豆腐とほうれん草のグラタンはいかがでしょう? 豆腐にチーズが加わることで、カルシウムは一段をアップするのです。またほうれん草にもカルシウムは豊富です。まさに完璧な「骨粗鬆症対策メニュー」です。ただし、ほうれん草に含まれるシュウ酸は、カルシウムの吸収を妨げる働きがありますので、下ゆでしてから活用するようにするのです。