骨粗鬆症ナビ

骨粗鬆症とエストロゲン

こんにちは、「骨粗鬆症ナビ」管理人のジュンです。

骨粗鬆症には、高齢者にみられる「老人性骨粗鬆症」と、閉経後5年から10年で現れるようになる「老人性骨粗鬆症」があります。
骨粗鬆症は50歳以上の女性に特に多く見られ、一般に、60歳以上の女性で腰が曲がっていたり、慢性的な腰痛がある場合、ほぼ骨粗鬆症であるといえるみたいです(正確な診断は、X線所見により確定するのです)。

ところが、どうして女性にこれほど骨粗鬆症が多く見られるのでしょうか? 実際、40歳以上の発症頻度は、男性の3.7パーセントに対して、女性では13.1パーセントと言います。ほぼ4倍というから驚きです!

第1に、女性は、もともと骨が細く、骨量が少ないことが要因しています。また若い頃からダイエットをしたり、運動量が少ないということもカルシウム不足やカルシウムの骨への蓄積を少なくする要因となっています。カルシウムの貯蓄量は、男性の3分の2から4分の3くらいしかないと言われます。しかも女性は、妊娠や出産で、カルシウムを子どもに与えてしまうということ、そして閉経を迎えて更年期になると、女性ホルモンの分泌がとまってしまうことがあげられます。

女性ホルモン エストロゲン
閉経を迎えると、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が激減するのです。この女性ホルモンはとても強力なホルモンで、骨をつくる細胞のはたならばきを活発にし、腎臓での活性型ビタミンDの合成を促進させる働きもあります。高齢になると、ただまでも、腎臓の働きが衰え、活性型ビタミンDの合成能力が衰えます。女性の場合、ホルモンの関係性でこれに更に拍車がかかって、ますます活性型ビタミンDが合成されなくなり、カルシウムの吸収が難しくなってしまうんです。