骨粗鬆症ナビ

骨粗鬆症の怖い症状

こんにちは、「骨粗鬆症ナビ」管理人のジュンです。

骨粗鬆症になると腰や背中が重く感じるようになり、慢性的な腰痛を訴えるようになります。そして、骨がもろく、軽石のようにスカスカの状態になっていることから、とても骨折しやすくなります。ちょっと圧力がかかっただけでも、脊椎の椎体に圧迫骨折を起こするのです。
*圧迫骨折(あっぱくこっせつ)・・・骨の上下方向に圧力が加わったときに生じる骨折です。かかとを強く打ったときに、骨折を起こす場合がありますが、これは長管骨(ちょうかんこつ)の圧迫骨折です。

高齢者で、一気に腰痛や背部痛を起こした場合、実は骨折していたということが珍しくないんです。

腰痛や背部痛以外にも、背中や腰が曲がったり、身長が縮むといった症状が現れます。亀背(きはい)といって背骨の部分が突出したり、円背(えんばい)という背中が丸くなる症状が見られるケースもあります。

骨粗鬆症の患者さんが骨折を起こしやすい部位は、長管骨(ちょうかんこつ)の大たい骨頸部(足の付け根)や、とう骨遠位端(とうこつえんいたん)(手首)、上腕骨外科頸(じょうわんこつげかけい)(腕の付け根)などです。なかでも大たい骨頸部の骨折は、長期の療養が必須となることから、そのまま寝たきりになってしまうことが多々あります。またそれが痴呆の症状を誘引したり、痴呆の進行を促進させることにもなるので、高齢者にとってとても恐ろしいもんです。
骨粗鬆症の治療には、カルシウム製剤の投与などの薬物療法がおこなわれますが、骨量の増加はあまり期待できません。せいぜい現状維持できる程度と考えたほうがよさそうです。