骨粗鬆症ナビ

骨粗鬆症とごまのカルシウム

こんにちは、「骨粗鬆症ナビ」管理人のジュンです。

ゴマは、昔から健康食品として知られています。不飽和脂肪酸のリノール酸やオレイン酸は、血液中のコレステロールの値を下げることがわかっています。そして、ごまに特有の抗酸化物質で、ゴマリグナンの一つである、セサミノールは、効力をアップするとも言われます。このセサミノールは、細胞の老化や、癌化の要因となるともされる過酸化脂質の生成を抑制することから、若さを保ち、美容と健康に有効な物質です。

実は、ごまは、カルシウムもとても沢山含んでおり、骨粗鬆症にも効能があるんです。じょうぶな歯や骨の形成に、牛乳やヨーグルトといった乳製品に加えて、ごまも毎日の食事に上手く取り入れてはいかがでしょう。

ごまを食事に取り入れるときの注意は、食べるすぐ前に炒り、すって使うということです。ごまは硬い皮に包まれています。そのままでは消化吸収が悪いことから、せっかくの有効な成分を効率的に体内に取り込むことができないんです。すりゴマにしたり、ペーストにして用いることで、風味も増し、消化吸収がよくなります。
ほうれん草や青梗菜などの青菜には、カルシウムがたっぷりと含まれています。そして、酢にはカルシウムの吸収を助ける働きがあります・・・そこで! 青菜のおひたしに三杯酢をかけ、香ばしく炒ったゴマをたっぷりかけてはいかがでしょう? ちょっとした副菜ですが、カルシウムたっぷり、しかも消化吸収もよく、骨粗鬆症対策メニューとして抜群です!