骨粗鬆症ナビ

骨粗鬆症とヨーグルトのカルシウム

こんにちは、「骨粗鬆症ナビ」管理人のジュンです。

ヨーグルトは、カルシウムをたっぷりと含むだけでなく、発酵の過程でカルシウムがタンパク質や乳酸と結びついて消化が良い形になっているので、体内で効率的にカルシウムを活用することができるでしょう。
そして、牛乳を飲むとおなかがごろごろする・・・という人にとっては、ヨーグルトであれば、乳酸菌によって乳糖の一部が分解されて、消化されやすいかたちになっているため、心おきなく召し上がることができるでしょう。
*牛乳を飲むとおなかがごろごろしたり、下痢をする人は、牛乳のラクターゼという乳糖を消化するのに必須な酵素が体質的に欠損しているからです(乳糖不耐性)。
そして、乳酸菌の一つである、ビフィズス菌が腸内の運動を活発にする酢酸などを増やす作用があり、腸の働きを整えることから便秘や下痢など、腸内環境の回復に役立ちます。

ヨーグルトには、プレーンヨーグルトやドリンクヨーグルト、あるいはヨーグルトに果汁や果肉を加えたものなどがあります。そのまま食べるのもおいしいですが、ちょっと手を加えてお料理に活かされてみてはいかがでしょう?
たとえば、季節のフレッシュ野菜やフルーツと合わせてヨーグルトサラダにすれば、ヨーグルトに不足しているビタミンCを補うことができ、骨粗鬆症と美容に最適なメニューになります。そして、夏にはプレーンヨーグルトに砂糖とレモン汁を加えて冷凍するとサッパリとしたシャーベットになります。お好みではちみつやジャムを沿えて、お子様のおやつにいかがでしょうか。