骨粗鬆症ナビ

骨粗鬆症とチーズのカルシウム

こんにちは、「骨粗鬆症ナビ」管理人のジュンです。

チーズは、牛乳の優れた栄養素が濃縮された発酵食品です。乳酸菌や酵素によって牛乳のタンパク質やカルシウムが消化の良い形になっています。

チーズに含まれる乳酸菌は、腸内で有害な物質を作り出す悪玉菌を減らし、腸の働きを正常に保つ働きがあります。またチーズでは、牛乳のラクターゼが乳酸菌によって一部分解されていることから、牛乳が苦手な方や、牛乳を飲むとどうもおなかがごろごろして・・・という方でも、心おきなく召し上がっていただけます。そして、「乳糖不耐症」といって、生まれながらに乳頭を消化する酵素が備わっていない人がいます。そのような方は、チーズという形で乳製品をとるようにされてみてはどうでしょう? 牛乳の栄養が凝縮されていますから、食欲がないときでも、カルシウムをはじめとして、効率的に栄養を摂取することができるでしょう。

そして、チーズのカルシウムは、タンパク質と結びついており、牛乳のまま飲むよりも消化がよくなります。またカルシウムと同様、骨や歯の形成に不可欠とされるリンも含まれていることから、骨粗鬆症対策には完璧な食品の一つといえるでしょう。

ナチュラルチーズには、カッテージチーズやクリームチーズなど、熟成しないタイプのものと、カマンベールチーズなどの熟成させるタイプのものなど、いろいろな種類があり、人によって好みがわかれます。またナチュラルチーズを加熱成型したのが、プロセスチーズです。そのまま食べるものおいしいですが、サラダに加えたり、お料理に加えると無理なく食事に取り入れることができるでしょう。