骨粗鬆症ナビ

骨粗鬆症と牛乳のカルシウム

こんにちは、「骨粗鬆症ナビ」管理人のジュンです。

骨粗鬆症の予防と回復にとって、骨を形成するそもそもの材料となるカルシウムの摂取は、絶対的に重要なポイントです。特に、牛乳やチーズ、ヨーグルトといった乳製品は、カルシウムがたっぷりと含まれるというだけでなく、とても吸収がよいことからも効率よくカルシウムを摂取できる、最優秀の骨粗鬆症対策食品です。

牛乳には、カルシウムが多く含まれているというだけでなく、牛乳のタンパク質に含まれるガゼインは、すい臓で分解されるとカルシウムや鉄などのミネラルの吸収を助けるカゼインホスホペプチドになり、骨粗鬆症や、鉄欠乏性貧血の予防に効能があります。貧血は、骨粗鬆症と並び、女性に多い疾患です。牛乳を毎日飲むことは、女性にとって健康と長寿の特効薬となると思います。
そして、カルシウムには、神経のいらだちを抑えて精神を安定させる働きがあることはよく知られていますが、牛乳のタンパク質が分解されてできるβ―カゾモルフィンというアミノ酸の集合体にも、鎮静作用や精神安定作用があります・・・赤ちゃんはミルクを飲むとすやすやと眠りますよね、それもこの作用によるもんです。

牛乳はこんな風に栄養バランスがとても優れた完全食品なんですが、唯一の欠点を上げるとしたならば、ビタミンCの含有量が少ないということです。そこでお勧めは、ビタミンの宝庫である野菜や果物といっしょに摂取することです。黄色野菜には、牛乳と比べると吸収率は劣るものの、豊富なカルシウムが含まれています。毎日の朝食メニューに、青菜のジュースに牛乳を加え、お好みではちみつをプラスした栄養ドリンクはいかがでしょう?