骨粗鬆症ナビ

骨粗鬆症とカルシウム

こんにちは、「骨粗鬆症ナビ」管理人のジュンです。

骨粗鬆症の予防と回復のための食生活でまず重要とされるのは、骨や歯を形成するためのそもそもの材料であるカルシウムを十二分に摂取し、摂取したカルシウムを骨に蓄積、沈着させるために必須なビタミンDを十二分に取り入れることです。

カルシウムは、ミネラル(無機質)の一つです。ミネラルは、体内にごくわずか5パーセント含まれるにすぎません。ところがビタミンとならび、重要な生理機能を担っています。しかも体内では合成することができないため、食べ物から取り入れる必須があります。

カルシウムは、99パーセントは、リン酸カルシウム、炭酸カルシウムとして歯や骨の成分として存在するのです。残りは血液、筋肉、神経などの組織にイオンや様々な塩として含まれています。血液の凝固作用や心筋(心臓の筋肉)の収縮作用、刺激に対する神経の感受性を鎮静化する働き、更に酵素作用を活性化する働きもあります。こんな風に、カルシウムは、骨や歯の形成といった、骨粗鬆症対策の重要な要であるだけでなく、様々な身体の機能に関与している重要なミネラルです。欠乏すると、成長が十二分にできなくなります。骨や歯が弱くなります。
おもに、乳製品や緑黄色野菜、煮干や干しえび、及び大豆、大豆製品に多く含まれます。
一方、過剰症もあります。たとえば、カルシウムを過剰に摂取すると、結石の要因になったり、ほかの無機質の吸収を阻害することがあります。またミルクアルカリ症候群の要因にもなります。