骨粗鬆症ナビ

骨粗鬆症と骨量の変化

こんにちは、「骨粗鬆症ナビ」管理人のジュンです。

人間の骨量は、骨格の成長とともに20歳ぐらいまでぐんぐん増加するのです。成人期にピークを向かえ、その後、中高年期になると次第に減少していくのが一般です。したがって、高齢になって骨粗鬆症にならないためには、この成人期のピークをいかに高くもっていくか、と、中高年期以降の下降をいかに食い止めるか、が大事なポイントとなります。
*成人期のピークの骨量を「ピーク・ボーン・マス=最大骨量」と言います。

たとえば、もっともカルシウムを多く必須とし、成長しなくてはならない少年期や青年期に無理なダイエットをしたり、ひどい運動をすると、高めなければならないピークが、低いままで終わってしまうことになります。そして、おやつにスナック菓子ばかりを食べていると、スナック菓子をはじめとする加工食品に多く含まれるリンがカルシウムの吸収を妨げてしまいます。

そして、特に女性の場合、閉経期以降に骨量が減少するのです。ここで日ごろの生活をいかに過ごすかでも、「骨粗鬆症危険度」が格段に違ってきます。
食事でカルシウムを摂取することは勿論大事ですが、家に閉じこもってばかりいて、身体を動かさないと、せっかく摂取したカルシウムを骨に蓄えることができません。そして、アルコールの飲みすぎは、カルシウムの吸収を悪くするだけでなく、カルシウムの吸収を助ける働きをするビタミンDの作用を抑えてしまいます。

成長期には少しでもピークを高くするためにカルシウムの摂取とその定着に留意し、40歳をすぎたならば、今度はせっかく高めたピーク時の骨量を減らさないように、またできることなら更に高めるくらいの思いで骨粗鬆症対策に取り組みましょう。