骨粗鬆症ナビ

骨粗鬆症とカルシウムを含む食品

こんにちは、「骨粗鬆症ナビ」管理人のジュンです。

骨粗鬆症は、骨量が減り、骨がカスカスの状態になってしまう病気です。要因は、カルシウムの摂取不足やホルモン変化などがあります。骨粗鬆症の予防と回復では、カルシウムを十二分に摂取することが第1にあげられます。

成人のカルシウム必須摂取量は、普通、600ミリグラムと言われますが、骨粗鬆症の回復と予防には、1日1000ミリグラムを目標にして下さい。したがって、それだけの量をとるためには、カルシウムをたっぷりと含み、かつ吸収率のよいものを優先的にとるようにするのです。

カルシウムを多く含む食品
・牛乳や乳製品・・・牛乳、プロセスチーズ
・小魚や海藻・・・干しあみ、干しえび(殻つき)
・青菜類・・・小松菜、青梗菜
・大豆、大豆製品・・・凍り豆腐、木綿豆腐

*なかでも牛乳や乳製品は、カルシウムの吸収率が高く、優良なカルシウム供給源です。
干しえびや煮干、干しあみ、干しひじきは、100グラム中のカルシウムは確かに多いんですが、現実的に考え、毎日の食生活のなかで干しえびを100グラム食べ続けることはなかなか困難です。干しえびの1食の摂取量はせいぜい5グラム程度だからです。牛乳の場合、100グラム中の摂取量からすると、到底干しえびには負けますが、牛乳なら100グラムどころか、200グラムを毎日飲み続けることは決して無理な話ではありません。朝、コップ1杯飲めば、もう200グラムです。牛乳をそのまま飲むのは苦手な人は、シチューやポタージュスープに入れてもいいでしょう。無理のない形で持続することが大事です。