骨粗鬆症ナビ

骨粗鬆症とひじきのレシピ

こんにちは、「骨粗鬆症ナビ」管理人のジュンです。

ひじきは、ミネラルの宝庫といわれるほど、カルシウムや鉄が豊富な栄養食品です。ひじきに含まれるカルシウムは、海藻中トップと言われ、骨粗鬆症対策に最適な食品です。そして、鉄分も多く、貧血にも効能があります。骨粗鬆症と貧血はともに女性に多い病気ですから、ひじきは女性の健康にとって強い見方といえます。

1食分のひじき(乾燥ひじき10グラム)には、カルシウムが140ミリグラム含まれています。これはコップ1杯の牛乳に含まれるカルシウムに匹敵する量です。乳製品のカルシウムはほかの食品中のカルシウムと比べて吸収が抜群によいので、骨粗鬆症には欠かせない食品ですが、必須なカルシウムをすべて乳製品からとるのは大変です。いろいろな食品からとっていくことでほかの栄養素のバランスもとれます。

たとえば、こんなひじきメニューはいかがでしょう?
ひじき料理のスタンダードといえば、煮物でしょうか。骨粗鬆症対策メニューとして更にグレードアップさせるには、干しえびと干ししいたけを加えます。干しえびには勿論、カルシウムが抜群に沢山含まれています。そして干ししいたけは、カルシウムの吸収を助けるビタミンDやエルゴステリンがたっぷりと含まれています。そして何よりもこれらからおいしいダシが出ますので、素材そのものとしては味に乏しいひじきをおいしく食べるための強い味方なんです。更に、やっぱりカルシウムを多く含む、大豆製品として、油揚げを細く刻んで加えてもいいです。油揚げからもおいしいダシが出ますので、一石二鳥です。