骨粗鬆症ナビ

骨粗鬆症とビタミンD

こんにちは、「骨粗鬆症ナビ」管理人のジュンです。

骨粗鬆症の予防と回復には、毎日の食事のなかでカルシウムを十二分に摂取することが必須です。ところがそれだけでなく、いかに効率的に摂取、吸収、沈着させるか、ということも大事になります。

カルシウムの骨への沈着を助ける役割をするのが、ビタミンDです。
ビタミンDは、体内の石灰とリンの代謝を調整し、骨をつくるのに関与するのです。これが欠乏すると、歯の発育が悪くなし、骨は軟化するのです。骨粗鬆症の要因となるんです。
そして、年中、日光のあたならばない場所にいると、ビタミンD不足症、所謂「セムシ」という症状を起こするのです。日本では、冬に殆ど日光をみない北陸地方に多くみられます。
人間の皮膚は、日光や紫外線にあたるとビタミンDをつくる働きがあるんですが、曇りがちであったり、冬に雪の多い地方では、日光にあたることが少ないので、ビタミンDが不足するんです。ビタミンDは、脂肪に溶けるため、ビタミンAといっしょに魚の肝臓、肝油、バター、卵黄等に多く含まれます。またきのこ類や酵母には、ビタミンDの前身のエルゴステリンが含まれており、紫外線にあてるとビタミンDに変わります。

和え物やスープに、しいたけを、特に干ししいたけをちょっと加えてみてはどうでしょう? 
しいたけには、エリタデニンという成分が含まれており、お肉の脂肪に含まれるコレステロールの吸収を抑える働きをしてくれます。
カルシウムの吸収を高め、コレステロールの吸収を抑える! そしておいしいだしも出る! お料理にもっと利用して下さい。