骨粗鬆症ナビ

骨粗鬆症の食事の注意点

こんにちは、「骨粗鬆症ナビ」管理人のジュンです。

骨粗鬆症(こつそそうしょう)とは、骨量が減少し、まさにその字のごとく、「骨」が「粗」く、「鬆(す)」が入ったようにもろくなってしまう症状です。高齢者や、特に閉経後の女性に多く見られる病気です。要因は、カルシウムの摂取不足や、ホルモン代謝の変化によるものと考えられます。
したがって、治療及び予防には、食事のなかでカルシウムを十二分に摂取することがあります。と同時に、カルシウムの吸収や活用効率を高めるためにリンとの摂取比率を考慮することや、ビタミンDを取り入れることが必須です。
骨粗鬆症になると骨折を起こしやすくなります。高齢者の骨折は、治りにくいというだけでなく、寝たきりや痴呆の誘因となります。若いうちから予防を含めたケアが必須です。

骨粗鬆症の食事の注意点
1.カルシウムを十二分に摂取する。
成人のカルシウム必須摂取量は、普通、600ミリグラムと言われますが、骨粗鬆症の回復と予防には、1日1000ミリグラムを目標にするのです。カルシウムを多く含む食品(牛乳や乳製品、小魚や海藻、小松菜や青梗菜などの青菜類)のなかでも、牛乳や乳製品といった、吸収率の高いものを前向きにとるようにするのです。

2.良質のタンパク質を適度に摂取する。
1日60〜80グラムを目安に摂取するのです。タンパク質は、さほど多すぎてもカルシウムの吸収を悪くしてしまいます。

3.ビタミンDを十二分に摂取する。
ビタミンDは、カルシウムの骨への沈着を促進させる働きがあります。

4.リンとの比率を考える。
5.食物繊維はほどほどにする。
6.アルコールはほどほどに・・・!