骨粗鬆症ナビ

骨粗鬆症と運動

こんにちは、「骨粗鬆症ナビ」管理人のジュンです。

骨粗鬆症の予防や症状の回復には、食生活の見直しと同じように、運動も重要なポイントです。食べ物から摂取したカルシウムを、骨に蓄え、骨量を増やすには、身体を動かすことが大事なんです。

同じ量のカルシウムを摂取していても、運動をしている人としていない人では、骨密度が異なります。そして、運動は継続することで更にその効能が高まると言われます。

ところが、ひどい運動はかえって骨量を減らす危険があります。かといって家の中に閉じこもりっぱなしでは勿論、よいはずがありませんよね? では、「ほどよい運動」とはどのようなものをどの程度おこなうことをいうのでしょうか?

運動しなくては!と、思うと、かえって精神的な負荷になります。力まずに、楽しく継続することを大事に考え、無理のない運動計画をたてましょう。

毎日おこなう「健康のための運動」としては、たとえば、ウォーキングや軽いエアロビクス、水泳、ジョギングを30分程度おこなうといいでしょう。自転車で近所を一回りしてくるのも、気分転換になっていいです。1週間に3回以上、1回30分〜1時間くらいおこないたいもんです。ひざが痛い人などは、無理な運動は控えなくてはなりませんが、温水プールを歩くのであれば、ひざへの負荷を少なく、運動をおこなうことができるでしょう。筋力がつき、ひざの痛みを軽減することもできます。

運動を継続するには、それを生活の一部に習慣化してしまうことです。朝、食事の前にご近所を一回りしながら散歩をする! 駅までは車を使わずに歩く! 寝る前にはストレッチ! ・・・ちょっとした「運動」を積み重ねていくといいです。