骨粗鬆症ナビ

骨粗鬆症の診断

こんにちは、「骨粗鬆症ナビ」管理人のジュンです。

骨粗鬆症は、骨からカルシウムが溶け出してもろくなり、骨量が減少して、骨が変化して容易に骨折しやすくなる病気です。高齢者の骨折は、寝たきりの要因となります。寝たきりは更に痴呆の要因ともなるので、高齢に方々にとって骨折はとても注意すべきもんです。
骨粗鬆症は、60歳の女性の半数、70歳の女性の約6割に認められるといい、女性は特に注意が必須です。女性はもともと男性よりも骨量が少ないうえに、閉経後、ホルモンの変化によって一気に骨量が減少するんです。日本には、現在、500万人以上の骨粗鬆症の患者さんがいらっしゃると言われます。心臓病や高血圧、癌、それに肥満、といった、ほかのたくさんの成人病と同様、骨粗鬆症も若いうちから、食事や運動などの生活習慣を見直し、予防していくことが大事です。過度なダイエットや運動不足、逆に運動のしすぎ、喫煙、お酒の飲みすぎ、また女性では生理不順を招くような生活は、骨粗鬆症を招きます。

現在、成人病検診では、骨粗鬆症の診断もおこなうことが多いようです。40歳を過ぎたならば、定期的に骨量の測定を受けるようにして下さい。

骨粗鬆症の診断はどのようにおこなわれるのでしょうか?

骨粗鬆症の診断は、おもに次の方法があります:
・X線・・・骨の陰影の濃度や骨梁の形状から判定する方法です。
・CTを用いる方法。
・アイソトープやX線の吸収度で測定する方法。
・超音波を用いる方法。

なかでも特に骨量の正確な把握に有力なのが、「DXA法」と「QCT法」です。
・「DXA法」・・・X線の吸収度から測定する方法。
・「QCT法」・・・CTを用いる方法。