骨粗鬆症ナビ

骨粗鬆症とリン・マグネシウム

こんにちは、「骨粗鬆症ナビ」管理人のジュンです。

骨粗鬆症の予防と症状の回復に大きく関与する無機質は、カルシウムとリン、そしてマグネシウムです。骨をつくる材料となるカルシウムの重要性については、みなさん、よくご存知ですよね? では、リンとマグネシウムについてはどうでしょう?
リンは穀物や肉類に多く含まれています。マグネシウムは幅広い食品に含まれています。どちらもカルシウムと同様、骨や歯の形成に重要な働きをするのです。ただし、リンは不足することはまず少ない、かえって取りすぎると、カルシウムの吸収を悪くするのです。近年、インスタント食品をとりすぎる傾向が、特に若い人たちにみられるようになり、とりすぎのほうが懸念されています。

リン 80パーセントは、リン酸カルシウム、リン酸マグネシウムとして骨や歯の形成に預かります。残りの20パーセントは、体液や組織中に含まれ、血液のphや体液の浸透圧の調整をするのです。不足すると歯や骨が弱くなり、骨粗鬆症を招き、骨折を起こしやすくなります。ただし、リンは日常生活に十二分に含まれており、欠乏や不足するということは殆どありません。おもに、加工食品や卵黄、煮干等に多く含まれています。

マグネシウム
50パーセントから60パーセントは、骨に含まれています。残りは血液、筋肉、脳、神経に存在するのです。欠乏すると血管が拡張して、充血を起こするのです。心悸亢進を招きます。また下痢を起こしたり、神経が興奮しやすくなります。おもに、穀類や海産物、ゴマなどの種実類に含まれます。