骨粗鬆症ナビ

骨粗鬆症の種類

こんにちは、「骨粗鬆症ナビ」管理人のジュンです。

人は、年齢を重ねるに従い、身長が縮まり、背中や腰がまがってきます。高齢の方に多い骨折や腰痛の要因となっているのが、近年、ことに注目されている病気、骨粗鬆症です。骨からカルシウムが溶け出してもろくなり、容易に骨折するようになってしまうんです。高齢者の腰痛の2大要因は、この骨粗鬆症と変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)といわれるほど、現在、日本では問題になっている病気です。

骨粗鬆症の場合、骨の組成は正常で問題はないんですが、骨量が減少することで骨がもろくなります。

骨粗鬆症は、脊椎骨(せきついこつ)、所謂「背骨」に早く現れます。進行すると、圧迫骨折(あっぱくこっせつ)(*参照)を起こしやすくなります。足の付け根や手首、腕の付け根の骨折が多く見られます。足の付け根の骨折は、高齢者の寝たきりを招くことが多く、注意が必須です。お年寄りにとって寝たきりは痴呆を招くことにもなりかねません。
*圧迫骨折(あっぱくこっせつ)・・・骨の上下方向に圧力が加わったときに生じる骨折です。かかとを強く打ったときに、骨折を起こす場合がありますが、これは長管骨(ちょうかんこつ)の圧迫骨折です。

骨粗鬆症の種類
骨粗鬆症には、「閉経後骨粗鬆症」と「老人性骨粗鬆症」があります。
「閉経後骨粗鬆症」・・・骨粗鬆症のなかでもっとも多く見られるタイプです。閉経後5年から10年で現れます。
「老人性骨粗鬆症」・・・高齢者にみられる骨粗鬆症のタイプです。特にやせ型の50歳以上の女性に多くみられます。