骨粗鬆症ナビ

骨粗鬆症と腰痛対策に正しい姿勢

こんにちは、「骨粗鬆症ナビ」管理人のジュンです。

骨粗鬆症では一般に腰痛がみられます。急性の腰痛に対しては、3週間ほどの安静と、消炎鎮痛薬(しょうえんちんつうやく)や筋弛緩薬(きんしかんやく)の投与によっていくらかの軽減をはかります。そしてなるべく早くベッドを離れて、運動を始めるよう勧められます。そのほか、軟性のコルセットを付けて、身体を固定し、支持すると痛みを軽減するのに役立ちます。

その一方で、日常の生活を見直し、姿勢を正すよう指導がおこなわれます。とにかく、立ち方と座り方について見直し、姿勢を正し、身体のひがみを直すため工夫をして下さい。

立ち方 正しい姿勢のためには、とにかく立ち方を見直すことが大事です。
両足のかかとをあわせ、おなかに力を入れます。次に大きく息を吸って背筋を伸ばして下さい。お尻はきゅっと引きしめます。重心がちょうど身体の中心にくるようにするのです。左右のどちらにも傾かないようにするのです。どうでしょう、できましたか?これが正しい立ちの姿勢です。

座り方 仕事でずっと座りっぱなしの人は、正しい座り方をしていないと肩こりや腰痛をますます悪化させることになります。前かがみの姿勢は背骨を無理に湾曲させることから、腰や背中に負荷がかかります。
いすに深く腰掛けます。背骨はピンと伸ばして下さい。座骨を垂直にして座るつもりで胸を張った姿勢をするのです。それが正しい座り方です。

正しい姿勢は、初めのうちこそ、緊張した感じがして疲れますが、慣れてくると身体への負荷が軽いことが実感できるでしょう。前かがみで猫背では見た目にもきれいにありません。