骨粗鬆症ナビ

骨粗鬆症と正しい姿勢の確認方法

こんにちは、「骨粗鬆症ナビ」管理人のジュンです。

人は高齢になると、身長が縮み、背中や腰が曲がってくることが多々あります。腰痛や背部痛に苦しみ、直ぐに骨折するようになります。そうなったならば、まず「骨粗鬆症」と考えて間違いないでしょう。

骨粗鬆症では、背中や腰が曲がります。姿勢が悪化すると、身体のバランスが崩れ、転倒しやすくなります。手を突いて手首を骨折したり、足を捻挫するケースもあります。身体のゆがみを自分で確認し、自然で、正しい姿勢を保つように、日常から気をつけましょう。

身体のゆがみの確認方法
とにかく、鏡の前に自然な状態で立ち、自分の姿を映してみましょう。両肩は平行ですか? 鏡のなかの自分の姿が真っ直ぐで対称であれば安心です。ところが左右の肩の高さがずれていたり、首が傾いている場合、脊椎が湾曲している可能性大です! 次に横を向いてみましょう。腰椎のそらしすぎや腰の曲がりを確認するのです。

次に、仰向けに寝て両足を伸ばするのです。そのとき左右の足は同じ長さでしょうか?また足を外側に開いたときの開き具合は同じでしょうか?両足の開き方が異なるようならば、骨盤の左右の高低に違いがあるということです。

次は、身体のゆがみではありませんが、左右の手のバランスの確認です。背中で手を組みます。右手を上にした場合、左手を上にした場合・・・左右どちらの組み方でも同じように指が軽く触れるでしょうか? 利き手ばかりを動かしていると、左右の関節の可動域が変わってきてしまいます。両方の手をバランスよく使うことが大事です。