骨粗鬆症ナビ

骨粗鬆症と高齢化

こんにちは、「骨粗鬆症ナビ」管理人のジュンです。

どうして年齢を重ねると骨粗鬆症になりやすいのでしょうか?

人間の骨組織は年齢を重ねるにつれて老化していきます。更に、高齢になるとカルシウムの代謝や内分泌が変化し、骨の量が減少していきます。骨密度が低くなり、軽石のようにスカスカの状態になってしまうんです。

実はそれだけでなく、高齢になると、体内のいろいろな臓器の働きも落ちてきます。
腎臓の働きが落ちると、活性型ビタミンDを合成する能力が低くなります。活性型ビタミンDには、小腸からカルシウムやリンの吸収を促進する働きがあり、更に骨へのカルシウムやリンの沈着を促進する働きもあるんです。高齢になり、このビタミンDが不足すると、体内のカルシウムやリンが不足することになり、それを補おうとして骨から溶け出すようになるんです。そのため骨は「す」が入ったようにもろくなり、骨粗鬆症となるんです。

まだまだあります! ビタミンDが活性型ビタミンDに変わるためには、実は紫外線が必須なんです。確かに、紫外線は近年、まさに敵のように扱われていますが、こと骨粗鬆症予防には必須な働きをするんです。高齢になり、さほど外出しなくなると、健康のために必須な紫外線量さえも確保できなくなってしまうんです。そして、高齢化によって、カルシウムの骨への蓄積に必須な運動が減ることも骨粗鬆症に拍車をかけます。
運動量の減少は、骨のなかの血液を酸性化し、カルシウムを溶け出させやすくし、骨の細胞の働きも悪くするのです。