骨粗鬆症ナビ

骨粗鬆症と運動・故障

こんにちは、「骨粗鬆症ナビ」管理人のジュンです。

骨粗鬆症の予防と対策においては、運動が重要なかぎとなります。カルシウムの摂取をはじめとする食生活の回復はもちろのですが、食品から摂取したカルシウムが骨に蓄積するためには運動が不可欠です。ほどよい運動は、骨の新陳代謝を活発にするのです。そして、筋力を強化することは腰痛予防になりますし、転倒や骨折を予防することにもなります。
とはいえ、中高年になると、特に骨粗鬆症の症状がすでに出ている人は、骨が弱っていますから、無理な運動はかえって危険となるケースもあります。健康にいいから、とはじめた運動も、仕方を間違えたり、やりすぎては大切故につながります。
自分の身体に相談し、医師にも相談し・・・自分に合った運動プログラムを立てて、無理のない運動を生活に取り入れていきましょう。

運動により起こりやすい事故、故障をあげます:

1.骨や関節への過剰な負荷
骨が弱り、筋力が衰えているので、一気にとまったり、方向転換すると関節に大きな負荷がかかります。関節の障害を起こしやすくなります。

2.骨折
筋力が衰え、バランス感覚がかけてくると、安定した姿勢や動作を維持することが難しくなります。転倒しやすくなり、転倒時に手を突いて手首を骨折したり、足首をねじったりすることが多くなります。足の付け根の骨折は、寝たきりになる可能性が大きくなりますので特に注意が必須です。疲労骨折を起こしやすい体質の方もおられます。

無理をしないこと!これが健康のための運動作りの大事なポイントです。