骨粗鬆症ナビ

骨粗鬆症と水中運動

こんにちは、「骨粗鬆症ナビ」管理人のジュンです。

骨粗鬆症の予防と対策には、カルシウムの摂取をはじめとする食生活の回復と、ほどよい運動、及び日光浴が重要なカギとなります。運動は、食品から摂取したカルシウムが骨に蓄積するためにとても重要です。ほどよい運動は、骨の新陳代謝を活発にするのです。そして、筋力を強化することは腰痛予防になりますし、転倒や骨折を予防することにもなります。
とはいえ、ひざや腰に故障を抱える人たちにとって、運動はつらいですよね? その点、お勧めなのが水中での運動です。「水泳」というと抵抗がある人もいらっしゃるのではないですか? 鼻から水を吸い込んでしまったときのあんな痛みは、殆どの人が経験しているもんです。
健康づくりのためには、別に無理して泳ぐ必須はありません。温水プールで身体を動かすだけでも十二分なんです。
水中では浮力が働きます。肩まで水中に沈んだ姿勢でたつと、水中での体重は陸上での10分の1にまでなると言います。筋肉や関節に余計な負荷をかけることなく、むしろ水中のほうが楽に身体を動かすことができます。そして、水中では、体温が奪われますから、体温を一定に保とうとして生理機能が自然に働き、エネルギーを燃焼させます。そのためちょっとした動きで効率的に運動効能が得られるんです。そして、水圧が全身にかかりますから、全身の血行が良くなります。

また腹部の内臓が横隔膜を押し上げて肺を押し縮めるため、自然に呼吸は腹式呼吸になります。胸式よりも深く呼吸をすることができるんです。